Blog

あんずの泣く音

ヒルトップファームの庭には3本のあんずの木があります。

この一番立派なあんずの木は、背が高く、道路側に実をつけます。

道路は坂道で、あんずは高く、軽トラックに脚立を乗せても届かない為

”もぎとらせない意思”をもった品種だと思われます。

今朝も”ブォフ”とあんずが泣いていました。

ほら、また聞こえます。”ブォフブォフ。。ブォフ” ”ブォフブォフブォフ”

高い木から落ちた大きなあんずは、実が割れていました。

それをみた私は、かわいそうにとブォフブォフ泣きました。

あっ。

私はあんずじゃなかった!

シクシク。。