Blog

武蔵逍遥乗馬会

みなさん、埼玉県って乗馬クラブや馬がいる牧場がたくさんあるってご存知ですか?

ヒルトップファームのすぐ近くには「比企の丘キッズガルテン」があり、こちらの牧場には、大きな黒い馬で、

イケメンの(イケウーマンかも)「フリージアン」が3頭もいます。

「谷津の里いちご農園」のハウスの向かい側の丘に牧場があり、放牧している馬を眺めることが出来ます。

さて、タイトルにある乗馬会、本当は教えたくない。秘密にしたい。

でもこのブログを読んでる人は、まりちゃんくらいしかいないから、堂々と紹介出来ます。わはは。

武蔵逍遥乗馬会は、ヒルトップファームから車で15分程の場所にあります。ウェブサイトもあるので、詳しい

地図や内容はそちらをご覧ください。(ヒルトップファームの「近郊施設」のページにリンク先があります。)

「外乗(がいじょう)」という言葉をご存知ですか?

馬に乗って山や海岸沿いなどを散策するホーストレッキングです。栃木、千葉、山梨を思い浮かべる方も多いと

思いますが、埼玉県比企郡にも、外乗ができる場所があるんですよ!

初心者の方でも大丈夫。お友達がいない方でも大丈夫。

森の中を2時間、馬に乗ってお散歩です。(2時間コースがおすすめ)普段、みなさんは心が汚れていると

思いますが、この2時間で全て洗い流せます。森が全てを許してくれます。

ちょうど今は新緑の美しい季節ですが、馬に乗って見る森は、車から見る森とは違う、歩いて見上げる森とは

違う。知らなかった森が見えます。

私は昨日行ってきたのですが、いろいろな形や厚み、様々な色の葉っぱを見ました。

右を見て、左を見て、天を仰いで。森の中に入るというのは、なんというか、大変神秘的です。

日が差してキラキラしているところや、鬱蒼とした湿っぽいところ。馬一頭しか通れない奥の細道を歩いて

行くのです。慣れてくれば速足(はやあし)で駆け抜けます。森の中を馬に乗って駆け足で走り抜ける。

まるで映画です。ちなみに私は西洋の映画を思い浮かべましたが、うちのお店のお客様の年齢層からいうと、

戦国武将を思い浮かべる方が多いかもしれないな。苦しゅうない、おもてをあげてくださいね。

映画で思い出しましたが、「バリーリンドン」という映画があります。大大大大好きな映画ですが、

長いので二度と観るもんかと思います。その中に、森の中を歩いたり、馬で移動するシーンがあるのですが

(たしか。。。)まるでその映画のようなのです。

とにかく緑が美しく、神秘的な景色がたくさんあり、美しい、美しい時間です。

昨日は「夢」みたいな草がありました。

この世の恨み辛みを一手に引き受けたような木がありました。

とにかくとっても楽しくて美しくて、神秘的です。あぁなんて素晴らしいのだろうと思える2時間です。

さて、みなさんの休日のプランを立てました。

午前中に武蔵逍遥乗馬会で外乗してくる→ヒルトップファームでランチする→比企の丘キッズガルテンで

のどかな景色を眺める→疲れてお夕飯作るの面倒だからお弁当買って帰る→翌日は筋肉痛で仕事がはかどらない

→でも森の中で最高の時間を過ごせたから仕事でミスして怒られてもなんとも傷つかない。

最高じゃないですか。

ブルーベリーのすずなりぃ〜

皆様、ご無沙汰しております。

ブログを書くのは久しぶりです。

ブログを更新しない間、「次のブログはいつですか?私、ものすごく楽しみにしていて、

いてもたってもいられず、お店に来ちゃいました!」って誰からも言われなかったです。

さてさて、暑い中ブルーベリーは盛りを迎えています。鈴なり。摘みやすいですね!

毎年いらっしゃる達人グループの皆様も続々とご来園しています。

まだあのチームとあのチームが来ていません。どうしたのかなと心配ですので、

摘みにいらっしゃらなくとも、元気なお顔を拝見したいです。

朝早くから、早朝会員の方々が、完全装備して摘んでいらっしゃいます。皆さん、本気です。

背中から何か出てますもん。湯気?きゃははは。

今年は熟すのが早かったので、終わりも早そうです。

暑いですので、熱中症対策、日焼け対策、虫除けなどされてご来園下さい。

お待ちしております(^0^)/

IMG_1341.jpg

 

 

ブルーベリー摘み取り達人養成講座

今回は、皆様を摘み取りの達人にすべく、座学を開講致したいと思います。

ヒルトップファームのブルーベリーの木は背丈が165センチくらいです。摘みやすい高さ、場所にある実を摘むのは見るからに初心者です。皆様には、プロフェッショナルとして品位ある摘み取りの姿を啓蒙して頂きたいと存じます。

プロフェッショナルとしての基本の動作は”しゃがむ”です。ブルーベリー畑でしゃがんで摘み取りをされている方は、敵ではございません。同志でございます。

では”しゃがむ”摘み取りスタイルがなぜ良いのか説明致します。

大多数の皆様がご自身の目線の高さにある実を摘み取ります。よって、しゃがんで上を見上げると、達人にしか見えないブルーベリーが”摘み取ってくれー、摘み取ってくれー”とキラキラ輝いているのです。そしてまた、この   ”片足を立ててしゃがむスタイル”の副産物は、日除け対策になるということです。周りのブルーベリーの木が、達人の皆様を体を張って守ってくださります。

チャイムが鳴りましたので、本日はここまでです。ご静聴ありがとうございました。

朝活@ヒルトップファーム

梅雨入りしましたが、今日は爽やかなお天気です。

朝のブルーベリー畑は鳥と虫の声がよく聞こえます。でもひとり、すっごくお喋りな鳥がいるんです。いつか私に意見を求められるんじゃないかと、落ち着きません。

緑に囲まれた畑で摘み取りをしていると、なんて幸せなんだろうって思います。

早生のブルーベリーは皮が柔らかいので”早生ファン”の方もいらっしゃいます。

どうぞ皆さんも、お早めに摘み取りにいらして下さい。