タルマジコゲ

妹の友達の、まりちゃんしか読んでないブログを更新します。

今日は、韓国の釜山の話です。

西暦何年だったか忘れましたが、今から10年くらい前にワーキングホリデーで釜山に8ヶ月住んでいました。そのときの話をします。

滞在8ヶ月の間には、妹もワーキングホリデービザを取り何ヶ月か一緒に暮らしました。

その当時、釜山行きの飛行機は成田から1週間に一便くらいしかなく、どんな街なのだろうか、私は拉致されないだろうか、などと本気で心配しました。

韓国語は読めず、書けず、話せずで釜山上陸です。

釜山では、釜山大学の韓国語コースに入り韓国語を勉強しました。

まずは妹と一緒にクラス分けのテストを受けたのですが、妹は数秒でテストを終わらせそそくさと教室を出て行きました。数十分後、私もテストを終えて教室を出ると

「お姉ちゃんさ、数学じゃないんだよ?読めないのに解けるわけなくない?」って!!!

きゃははははは!!!そう、私は、テスト用紙に出ている韓国語を真似して、

余白に書いてみたわけです。もしかしたら、何かわかるかもって思って!!

毎朝、バスで学校まで行き、学校から戻って近くのスーパーへ行く。

基本的にはそんな生活をしていました。 そうそう、私たちが住んでいた最初の地区は「たるまじこげ」という場所でした。

「たる」は「月」、「まじ」は「向かう?」、「こげ」は「峠」

そう、私たちは「月に向かう丘」に住んでいたのです。素敵でしょう。

「月に向かう丘」なんて。月見峠に住む私たちのアパートの屋上からは海が見渡せ、

スペインのような空と屋根。ここから妹と私の釜山生活はスタートします。

皆さんは釜山に行らっしゃったことはありますか?

10年前、皆さんは何をしていましたか?

これから、こちらのブログで約10年前の釜山情報を思い出しながら

書いてみたいと思います。



最新記事

すべて表示

お友達